** 熊本地震を受けて県外への避難を希望する方への支援情報を紹介していきます **

2016年4月14日に発生した平成28年熊本地震において亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災されたみなさまに心からのお見舞いを申しあげます。

甚大な被害を受けた熊本県や大分県。余震がつづいていることや家屋の損壊などから、避難所や車中での暮らしを余儀なくされている方たちの状況は厳しさを増し、一刻も早い住環境の改善や整備が望まれます。

わたしたちの暮らす九州の近隣県でもそうした被災者のみなさんに向けて、短期的・中期的な住宅支援への動きが官民において出てきました。

当会では熊本地震を受けて、近隣県への広域避難を希望する方(あるいは検討する方)への支援を目的に、住まいの提供や避難生活におけるサポートなどの情報を、FaceBookページ「熊本地震 広域避難者サポート」で発信していきます。

災害直後はどうしても現地への支援にエネルギーや関心が集中します。
住み慣れた土地から遠く離れて暮らす広域避難者への支援は後回しにされることが多く、ゆかりのない避難さきで困ったり悩んだりしても一人で抱えこむことが少なくありません。

5年前の東日本大震災を受けて、宮崎をはじめ九州に広域避難をしている避難者やその支援者とのネットワークを活かして管理・運営するものです。
こうした情報を必要とされている方への紹介や、さまざまな支援情報の提供にご協力いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

*熊本地震 広域避難者サポートFaceBookページ
https://www.facebook.com/kumamoto.support/

*お問い合わせおよび連絡先
kyushu311shien@gmail.com
※引きつづき住宅支援などの情報もお寄せください。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
※被災後の自立や生活再建までを視野に入れて考えたとき、可能であれば居住地により近い県内で落ち着いた避難生活を送ることが望ましいと考えています。決して県外避難をすすめる目的ではありません。


福岡、佐賀、鹿児島、宮崎のみなさんへ

このたびの熊本県や大分県を震源として発生した地震による災害で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災された方や被災された地域に心からのお見舞いを申し上げます。

―――――――――――――――――

当会へは現在、5年前の東日本大震災を受けて熊本県内へ避難をしている方たちの一部から
「行き場がなく余震も続いているため、いちど県外へ避難をしたい」
という声が寄せられています。
近隣の避難所での受け入れが叶わない地域もあるようで、行政や社協などによる体制づくりが全力で進められておりますが、まだ少し時間を要するようです。

そこで今後へつなぐ一時的なサポートという前提で、県外避難をする方たちが路頭に迷うことのないよう、近隣県での受け入れについて、まずは情報を集めることといたします。

①所在地
②受け入れられる部屋の規模・部屋数
③提供できる内容、できない内容
④責任者氏名(組織名もあれば併記)、その連絡先(携帯No.)
⑤その他特記しておきたいこと
を書いて、下記宛てにメールをください。

kyushu311shien@gmail.com

情報をお持ちの方は、ご協力いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします

※寄せられた情報量によっては個別にお返事やお礼を申し上げることができない場合があります。どうかご了承ください。
※県外避難を促すものではありません。
※いただいた個人情報は目的以外には使用せず適切な管理を厳守いたします。